打掛レンタルについて

打掛レンタルについて

花嫁衣装で和装ともなると打掛が思い浮かびます。レンタルする場合でも、人気があるのですが、赤や黒など色の鮮やかな色打掛が思い浮かぶのですが、実際には色打掛でも白色の打掛があって、人気ですよ。
 
  • この記事では【白打掛】について詳しく解説します。
 
白い色は日本だけでなく世界各地で「神聖な色」とされています。生まれるときの産着もそうですよね。結婚することで新しく生まれ変わるという意味が「白」に込められているのです。
 
・例えば、白ベースで椿の花が咲き乱れるデザインのものがあります。レンタルできるものでもステキなものがありました。加賀友禅の第一人者の国宝級のアーティストが作った作品です。日本文化を織りと染めで表現しているのです。
 
伝統と古典美を徹底的に追究しており、椿などの絵が特徴的な色打掛ですが、基本は白がベースです。白がベースになっていますから、オレンジ色をした椿を引き立てています。神聖な雰囲気を演出してくれるようなデザインを選んでみませんか?レンタル店に行くと目移りしてしまいます。
 
 
・おめでたい鶴と松の金の刺繍が施されている白打掛もステキです。純白なちりめんを生地にしているタイプが多いです。日本古来の伝統模様である老松の模様に、鶴が重ね飛ぶように刺繍をされた豪華な白無垢姿の花嫁になれます。襟元から裾に紅色のコブキが施されているものは格調も高い印象になります。華やかさを演出してくれます。
 
松は金縁の刺繍がされており、そのコンストラストの鶴がとっても綺麗に仕上がっている色打掛。白無垢とは少々違う趣の白色の一面がステキです。白無垢じゃなく、柄が欲しいならばお勧めできます。あなたの好き柄を選びましょう。
 
 
・松竹梅の柄はとっても縁起がいい白打掛です。私がお勧めしたいのは、地模様が夫婦鶴になっているものです。クラッシック風のイメージがありながら、とっても個性的です。魅力一杯の色打掛です。大きく描かれている文人画の素材にもなっている四君子も素晴らしいです。四季の柄があり、高潔で気品がある花嫁を演出してくれます。
 
春は欄・夏は竹・秋は菊・冬は梅。丸紋に描かれている四季の花々が白い生地を上品に仕上げてくれます。白ベースですが赤の差し色があれば、とっても派手だって魅力的な花嫁を作り上げてくれます。


名古屋で白無垢・打掛・色打掛・引き振袖・和装・花嫁衣裳等のレンタル|新木屋